2013年5月5日日曜日

グーグルグラスアプリ

グーグルグラスアプリのサイトを公開いたしました。 まだ数が少ないですが、ゲームアプリなども早くも登場しそうです。

2013年4月29日月曜日

グーグルグラス エミュレーター

個人開発者によるグーグルグラス エミュレーターが公開されています。

これは非公式なものですが、とりあえず(まだグーグルグラスとか購入できないので)グーグルグラスのミラーAPIを試したい!という場合には便利かもしれません(ただしあくまで動作は自己責任でお願いします、ということです)。

エミュレータはGITHUBにてソースコードが公開されています。

コードはPythonで書かれているようです。

これをGoogle App Engineへ取り込んで、ホスティングさせればグーグルグラスのミラーAPI風の動作をするものと思われます。

2013年4月16日火曜日

グーグルグラスAPI

グーグルグラスAPIであるグーグルミラーAPIが公開されています。 https://developers.google.com/glass/ いわれてましたように、RESTAPIが基本です。 現在の主要な要素はタイムライン、サブスクリプション、コンタクトなど。 クライアントライブラリーでは、java, Python, PHP, .NET, RUBYなど基本的なものがダウンロードできます。 https://developers.google.com/glass/downloads/

2013年3月11日月曜日

ビットコインのユーザはどんな人が多いのか

ビットコインのユーザはどんな人が多いのか。

そんなアンケートが行われています。

The Demographics Of Bitcoinによれば、

男性       96%
平均年齢     32.7歳
libertarian / anarcho-capitalist 自由主義・無政府主義 37%
無宗教      61%
フルタイムの仕事 43%
交際中      56%

....だそうです。

コミュニティとしてはBitcointalk.orgが76%とよく使用され、Redditも39%と利用されています。

マイニングでは、リグに平均して3,188ドル(約30万円)使っています。ただし8%が10,000ドル(約95万円)以上も使っているためで、中央値は500ドル。

PIXIEVIEWERとは

新しい3DビューワのPIXIEVIEWERがベータ公開されています。
webGLで作成されているようで、ブラウザだけで動作するタイプのビューワです。

こちらからログインします。新規作成でアカウント作成へと進むことができます。その後は、メール認証とかなくいきなり3Dワールドへログインします。

矢印キーで移動します。



チャットやオブジェクトの作成などに対応しています。オブジェクトは円のようなプリミティブや、デフォルトである 木などのオブジェクトを配置できます。



3Dモデルのアップロードは現在使用できません。

i.materialiseと連携して3Dプリントという機能もあるようです。

なお、iOS版もあるものの現在アップルから拒否されていて、理由が「どうやらアップルはWebGLをリスクと考えているのではないか」ということです。この辺気になるところです。

2013年1月31日木曜日

Cubify API

3DシステムズのCubifyが、APIをリリース。

他の3Dプリントサイト同様に、アップしたモデルをクラウドプリントさせるためのもののようです。

http://cubify.com/developer/api/index.aspx

Thingiverse API

3D出力用にモデルデータを共有するサイトThingiverseがAPIをリリース。

これにより、データやカテゴリ検索などがAPIから行えるようです。

API制限は、5分で300リクエストまで。

http://www.thingiverse.com/developers/getting-started